2005年04月23日

設計力と技術

今日のNHKスペシャルの「万年時計の謎に挑む
江戸時代の天才vs現代の技術者100人」という
番組を見てただ感心するのみでした。

幕末には西洋の技術も入って来たとは言えあれだけの
正確さと多機能な時計を作り上げたまさに天才の
田中久重の凄さ、発想の奥深さ、現代の解析で明か
になるほど、その加工技術には圧倒されます。
歯車の形状としくみ、その正確さ、真鍮のばねの製作法
の謎など全てにおいてあの時代のものかと思うもの
でした。

 しかしこのばねを巻くには刀鍛冶の腕と協力があった
ようですが、現在の技術では再現が出来ない、真鍮で
2mmの厚さで3.6mの長さの板をきっちり巻いて巻き
ばねを作るなど周辺の加工に携わる者にとっても
驚異的でした。結局この部分だけはステンレスに置き換え
られ(しかも1/3の量に減らして)ていました。
 どこかでこの刀鍛冶の技術のノウハウが伝承されな
かったのか?そのノウハウを熟知した田中久重独自の
加工法がそこにあったのか?技術は日々進歩している
のが常識(PCなど半年でもう古いのに)の現代ですが
時空を越えた技術というものに驚かされました。
posted by ねじ屋 at 23:10| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

得意分野の違い

昨日のテレビを見ていただいた方ありがとうございます。
第一ラウンド完走せずのリタイアでした(^^;;;;

この番組に出て改めて感じた事は本当に得意分野が違う
とこうも違うのかな?でした。
 日頃、地元チームのメンバーは精密な試作を中心にして
いて事,精密なもの図面に沿った物作りは得意です。
 でも優勝した板金(正確には建築板金)チームは現場で
作業する、その状態に合わせて加工するという技術に長けて
いるので、今回の出場メンバー中やはり一番だったんですね。

廃材家具屋さんはアイディアが優れている、からくりチームは
造形の見せ方に優れている、うちもアイディアは良かったの
ですが、現場に即したセッテングや、変化に弱かった
(時間不足とか前回の経験は言い訳になりますからね)

 それなりにやはりその道のプロの優秀さが良く判った」と思い
ます。それだけに最初製作会社さんが板金屋さんを当たって交渉
していたのですが、精密板金と建築板金の違いが良く判って
いなかったようです。

 それと同じように実際に加工技術に対しては同じような機械
設備でも得意分野は非常に細分化しているのがこの商売を
続けていると良く判ります。

 だからこそのOnly Oneの価値があるんですね。ただいかに
その道のプロだったとしても今回のように他のプロの優れた点
を見たり、吸収出来なければ、いずれ取り残されるという厳しい
現実が今の日本にはあるので、常に多方面に興味を持たなければ
と改めて思いました。
・・・・・なんて敗戦の言い訳ですかね(^^;;;;;
posted by ねじ屋 at 23:39| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

町工場のおやじのMotivationさんをリンク

2noiさんのブログ
町工場のおやじのMtivationをリンク
させていただきました。
2noiさんは精密板金加工、ワイヤーカット加工を川崎でされて
いてネットのお知り合いでもう5年近くのお知り合いです。
posted by ねじ屋 at 18:49| 東京 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | お仲間紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

TVチャンピオン出場

今週のテレビ東京「TVチャンピオン」
「コロコロからくり装置王選手権2」に地元の
MMR「みなとものづくりルネッサンス」の一員として
参加します。
ビー玉を転がしたりしながら色々な装置を動かして
複雑な動きをつなげて食べ物の仕上げをするという
もので、アメリカにそういう大会がある(最後に目玉焼き
を作るのが元祖)そうです。
 しかし、からくりのアイディアを考えながら装置を作り
それを確実に繋げて行くというのは「お遊び」とはいえ
かなりの難問でころがり抵抗値、温度変化や僅かな
傾きなどの変動をいかに小さくして行くかに結実する
のは大変な事でした・・・・・
結果は{グズン}ともかく、テレビの制作現場にも触れられてとても
良い経験が出来ました。
(徹夜3日連続に近く収録15時間・・・・・いやーほんと
通常業務よりも凄いハードでした)
posted by ねじ屋 at 22:43| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

hiroyasuの気まぐれBLOGさんをリンク

旋盤.COMのhiroyasuさんのhiroyasuの気まぐれBLOGをリンクさせて
いただきました。
ネットで活躍されている複合旋盤加工屋さん、最近は高輝度の
LEDライトの研究、自作をされていてその関連の話題中心のブログです。
posted by ねじ屋 at 08:09| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | お仲間紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

京都旋盤さんをリンクしました。

京都の八幡製作所さんの「京都な旋盤日記」をリンクさせて
いただきました。
八幡製作所さんはNC旋盤・汎用旋盤・NCフライスを中心に
加工され自社製品のアイディアを出されたり、ネットに積極
的に発信されていこうとされています。
posted by ねじ屋 at 21:04| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | お仲間紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

趣味のこだわり

下の話と関連しますが、皆さんうちに来られる方のこだわりはかなり
高いものがあり、オーディオのスピーカー接続金具のねじの材質と
表面処理でどれだけ音質が変わるか色々研究されている方や、
鉄道模型用のマイクロサイズのねじ(M1.4の特殊ねじ)をお仲間
と共同で作られる方など多士済々です。
 そういう今日もアメリカ製の古いドラムの部品のレストア依頼にいらした
方があり測定したところ、確かにホームセンターなどでは対応出来ない
NO.12−24や5/16ー24のねじで作られていました。
 先日もサックスの修理の方がNO.5−44という特殊なねじが壊れて
演奏出来ずうちにたどり着くのに半年かかったと言われ感謝されたり
しました。

 確かに上のようになんとか対応出来る時は本当にこちらも嬉しいのです
が戦前のカメラの復元のようにもう1年近く掛かっているのに半分も進まず
依頼者の方に本当に申しわけないものなど数多くの対応能力不足が
あることも確かです

 今後も大量生産大量消費は終わり、低成長下で大量に売れるものは
限られるのでしょうが、個人の方のここだけにはお金を掛けても言う物
作りに対するこだわりはより深まっていくので、受け手もその対応能力
が問われるようになるのだと思います。
posted by ねじ屋 at 21:24| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | ねじの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情報不足

うちはアルミプラスさんのように個人の方に親切に
対応しているとは言えないのですが、サイト名が「なんでも屋」なので
非常に広い範囲のお問い合わせをいただきます。アルミプラスのkoiさん
も書かれていますが、どこに聞いたら良いか判らない方が非常に多く
ネット上でその場を探しているのだと思います。決してうちなどは完璧
じゃありませんから、まだまだまったく対応出来なかったり、お返事に
凄く時間が掛かったりご迷惑ばかり掛けているように思います。

そんなうちでもわざわざ尋ねて来て下さるのはまだまだ個人の方が情報
を得るのに苦労されている証拠なのでしょう

 それとこれって愚痴にもなりますが、サイト上にかなり明記してある事
でも読まないで問い合わせをされる方もいらっしゃるので、その対応に
時間を割かれてより他のものが動かなくなるという悪循環があります。

いかに簡単に理解して貰える文章、表示を工夫していくべきなのか
アルミプラスさんのサイトを見て本当に悩みます。
posted by ねじ屋 at 21:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

個人の方への対応

アルミプラスのフロクUさんの
個人の方への対応は丁寧で参考にさせていただきます。
当店も個人の方の対応をしていますが、かなり対応に時間が掛かり
ご迷惑をお掛けしているのでアルミプラスさんのようにしなければと
思います。
posted by ねじ屋 at 08:30| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | お仲間紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

環境対応その2

長くなったのでこちらに続きです。

でも鉄製品はこのようにメッキが変わる見込みが見えて来たのですが
真鍮のねじ(既製品のように快削性のないものは良いのですが)
特にツマミねじなどの飾りねじは本当に困ってしまいます。
最近電子部品用のスペーサーやねじ付きスペーサーについては鉛
フリーをうたった物が出て来ていますが、従来切削での製作は通常
快削真鍮を使って効率を上げてコストダウンして作られて来たので
一朝一夕には切り替えが出来ません。

なぜ快削が悪いかと言うと切削性能を上げるために鉛が添加されて
いるからなんですね。
ま、鉄にしても快削性能を重視したものには鉛が添加されているので
こちらも問題ですね。メッキの次はこちらの問題が表面化するのでしょうね。

材料メーカーさんが本腰入れて環境対応の材料開発してくれるのか?
それが安価になるのか?いったい代替えがいつ頃可能なのか?
加工先にその加工時間が増えたツケが回ってしまうのか、凄く深刻な
問題かもしれません。

・・・・でも環境対応の正式リストには将来的にニッケルについても
書かれているのですが、そうしたら今度はステンレス製品に大問題に
なるのかな?この辺はもっと詳しく調べないとなんとも言えません。

いずれにしても環境は今後大きなテーマですから犠牲をともなっても
実施されるのでしょうね。
ほんと、難題山積なねじ業界かな?
全部ねじはチタンにでもなるんでしょうか?????
posted by ねじ屋 at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ねじの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。