2005年04月22日

得意分野の違い

昨日のテレビを見ていただいた方ありがとうございます。
第一ラウンド完走せずのリタイアでした(^^;;;;

この番組に出て改めて感じた事は本当に得意分野が違う
とこうも違うのかな?でした。
 日頃、地元チームのメンバーは精密な試作を中心にして
いて事,精密なもの図面に沿った物作りは得意です。
 でも優勝した板金(正確には建築板金)チームは現場で
作業する、その状態に合わせて加工するという技術に長けて
いるので、今回の出場メンバー中やはり一番だったんですね。

廃材家具屋さんはアイディアが優れている、からくりチームは
造形の見せ方に優れている、うちもアイディアは良かったの
ですが、現場に即したセッテングや、変化に弱かった
(時間不足とか前回の経験は言い訳になりますからね)

 それなりにやはりその道のプロの優秀さが良く判った」と思い
ます。それだけに最初製作会社さんが板金屋さんを当たって交渉
していたのですが、精密板金と建築板金の違いが良く判って
いなかったようです。

 それと同じように実際に加工技術に対しては同じような機械
設備でも得意分野は非常に細分化しているのがこの商売を
続けていると良く判ります。

 だからこそのOnly Oneの価値があるんですね。ただいかに
その道のプロだったとしても今回のように他のプロの優れた点
を見たり、吸収出来なければ、いずれ取り残されるという厳しい
現実が今の日本にはあるので、常に多方面に興味を持たなければ
と改めて思いました。
・・・・・なんて敗戦の言い訳ですかね(^^;;;;;
posted by ねじ屋 at 23:39| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、ねじ屋さん。
私も拝見しました。何も知らなくてテレビをつけたら
ねじ屋さんが写っていたので、思わず横にいた娘にこ
のひとはお父さんの知り合いなんだよ。」って自慢し
ちゃいました。(笑)でも、娘はすかさず「何でお父
さんには声がかからないの?」と突っ込まれました。

ケーキかいふく・・・実現させたいですね。
おっしゃることはひとことひとことうなずけること
ばかりです。わが町にも100軒の町工場がありま
すが、どこへ伺っても全く同じなんて会社はありま
せん。どこもそれぞれ特色を持って見えますね。

今回、ねじ屋さんがTVに出演されているお姿を
拝見し、がんばるぞってパワーをいただいたのは
私だけでしょうか。今後ともよろしくお願い致し
ます。
Posted by 伊藤@蒲郡製作所 at 2005年05月07日 22:04
伊藤さん
テレビ見ていただいてありがとうございます。

お父さんの知り合いが情けなくてすみません<(_ _)>

でも仕事で請けるものとの違いは大きく確かに
凄くハードでしたがみんなで連携して夜中まで
装置を作るって学生時代を思い出すような場面も
ありました。

あくまであれはお遊びですが要素はかなりハイレベル
の物だと作り始めて判り、前日から徹夜の作業
でした。なので取り終えた数日は力が入らず皆さん
のもご迷惑をお掛けしました。

うちもこの経験を生かして伊藤さんのようにonly One
を目指したいですね
Posted by ねじ屋 at 2005年05月07日 22:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。