2012年08月16日

サイト開設時の思いとのズレ

前回の投稿で手直しをしているとお伝えしました。
しかし、根本的にも考え方を現在に合わせていかなければ
ならない事にも直面しているのが現状です。

・・・・・今振り返って見るとサイト開設当時はそれまでの
得意先の減少を少しでも埋めようと、企業向けに少しでも
情報を載せて宣伝しようとしていました。
(当時、ねじのサイトがほとんどなかった事もありますし、
今はざっと300以上のサイトの競い合いの中にありますから
既製品ねじなどでは、こんな小さな店は検索ひとつ取っても
埋没してしまう事は簡単に判ります。)

しかし、この13年間で、ねじを全面に押し出すことから
少し方向性が変わって来ています。
当初はこんな加工は?見積もり・・・相見積もり、売り込み
と予想していたので、いかに色々扱っているかを全面に出したくて
(今のTOPページにはその名残があります)

でも、現在はサイトを通してお問い合わせいただく方にどれだけ
寄り添って問題を解決出来るか、自分たちでどこまでお手伝い出来
るのかに、加工側として最善とは言えないまでも、提案して改善して
行けるか、
そこに、現在の竹澤鋲螺の存在価値があるのか?を問われている
と思います。

この間、ロボットの開発者の方、プラネタリウムの革命を起こした
方のお手伝い、釣り具の画期的アイディアの具現化、エスプレッソ
のタンパー開発、ギター製作に拘りを持たれた方とのやりとり、
超高音質の世界への挑戦のお手伝いなど、どれも基本的な加工方法
は知識の範囲にありますが、細部の拘りにいかに対応して行くか
常にこちらも勉強の日々でした。(特に商品としての仕上げ精度など)

加工に携わるものでも全てにスペシャリストではありません。
まして、個人の趣味の方がねじの詳しい加工方法や材質の違い
まで理解することは難しいです。
(そういう自分も、まだまだ狭い知識の中でもがいているのですが)

そこで、いかに、お客様と話し合いながら最善の道にたどり着けるか
ただ「ねじ」に詳しいだけでは役に立たない部分も多々ありますから
協力して下さる仲間の力も借りて、お客様の希望に添えるかをこれから
一番の目標に据えたいと思います。
posted by ねじ屋 at 14:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/286653684

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。