2009年07月06日

真鍮製六角穴付きボルト取り扱い開始

今月より真鍮製の六角穴付きボルトの販売準備に入らせていただきます。
と言っても弊社は零細で広いサイズにどこまで対応出来るかまだ難しい
点もあります。
そこでまずM3サイズ最短3mmから20mmまでを準備してM2.6
M4サイズと少しづつ拡大して行く予定です。

これまでお客様から非磁性ねじのお問い合わせをいただき、研究開発
分野での必要性が高いのですが小ロットが多く大変高価なねじとなって
しまっているため、ロット数を確保して各20本程度の最少ロット販売
が可能に出来るように努めてまいりたいと考えております。のでよろしく
お願いいたします。

また、正式なサイズ(最低M2.6、M3、M4での取り扱いサイズ
表)が製作でき次第ホームページにUPして行く予定ですので今暫く
お待ちください。

また、非磁性の観点からいずれも表面処理なし生地での販売を基本と
していきたいと思います。
posted by ねじ屋 at 11:36| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ねじ屋さん、お久しぶりです。
二年ぶりのブログの更新でずいぶん待っていました。

数年前某ねじ商社から仕入れたユニファイのキャップスクリューには、ねじ屋さんとこの会社の名前がありました。

変なところで繋がっています。

先日はどうしても探せない小倉ばね工業の消息を知りたくて電話をしましたが、
あいにくご不在でした。

銅のキャップスクリューはうちでも時々出ています。
M8とかM10あたりが出るかな。
Posted by さかもとゆうじ at 2009年07月07日 02:25
さかもとさん?
どうも呼びなれないなぁ〜
お久しぶりです。 まぁ〜前から亀で通ってましたが
2年は自分でも酷いと思って反省してます。

で、今の状況潜っていられなくて、また試行錯誤の
やり直しってとこです。

非磁性のねじの需要は半導体業界を中心に大学の
研究室などかなり広範囲であります。
まぁ〜強度とかだとりん青銅ですが、これまでの
受注だと形状が画一化してないので、一番基本の
真鍮でスタートという感じです。

しかし、ねじ屋の業界ってほんと広いようで狭く
ってそちらとも繋がってたんですね。(そちらの
地元=すぐに思いつきます)

tsunoiさんとこもブログ閉めちゃってみたいで
寂しいですが、これからも細〜く長くよろしく
お願いします。
Posted by ねじ屋 at 2009年07月07日 09:00
あ、真鍮って書いてありましたね(^_^;)
うちは銅でした。

またの名をばおばぶ、そしてまたの名を。。。。(。_・☆\ ベキバキ

こっちの半導体も再編絡みでてんやわんやです。

まず、現状で採算ベースに乗せないと、
危機的状況になりますね。
最近ちょっと焦っております。

TSUNOIさんは筆無精ですからね。
以前チャットしてたら、夜中に電話が掛かったことがあります(^.^)
Posted by さかもとゆうじ at 2009年07月07日 12:15
レンタルサーバーを移動してまたサイトを作り始めました。宜しくです。
Posted by さかもとゆうじ at 2009年07月20日 14:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。