2004年11月23日

暖かみと合理性

ねじは機能製品ですから、いかに緩まないかとか
いかに効率良く締まるか、錆びないかなどを各メ
ーカーが研究して品質や機能が向上して来てい
る商品で、材質も鉄からステンレスへそしてチタ
ンなどの特性を持ったものに主力が移って行く物
だと思います。

ただ、人間って効率だけで全て解決出来るほど単純
ではないんですね。 最近非磁性という特性でまた
注目されるようになった真鍮ですが、ねじの性能だけ
で判断すると強度が低い、変色するなどの弱点があり
今までは電気器具などの分野など活躍の場が限られ
ていました。

でも真鍮は磨くと金色の暖かみのある色になったり、
変色も一種の味のなるという見方も出来る、その味
を求める人も少ないのだと思います。

これと同じ事が今は十字穴(プラス)が当然のねじで
すが、以前はマイナス(すりわり付き)も数多くあり
ました。 でもマイナスは締め付けたり緩めたりする
時に溝が潰れる(カムアウトと言います)事が多く
機能で劣っているという事で今はもう絶滅状態になっ
ています。

でもデザインを追い求める人たちやアンティークの物
にはこれが味になる、ましてその製品が生まれた時代
を表現するには欠かせないものになっているのです。

でも今それを再現するのは高価になってしまいます。
さらにそれが木ねじなどの特殊な形状だとほとんど
通常のレベルの数量では製作が出来ず僅かに残された
物に頼るしかない。

どうも、日本人っていいとなると偏る傾向があるようで
このような暖かみのある物を残すのが下手なんですね。

うちによくこのような商品のお問い合わせをいただくの
ですが微力でその1/5も実現出来ないのですがこの
味わいだけは大切していきたいと思っています。
posted by ねじ屋 at 21:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ねじの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月19日

自社製品

今日、ネットの知り合いの製造業の方のところにお邪魔
して、自作のLEDライトを見せて貰いました。
自分で研究してマニア向けに提供出来ればと準備中で
本業と違った面白さの話を聞いて刺激を受けて来ました。

日々開発部門の方や個人の方のカスタムオーダーの部
品作りに関わっているので、いかに趣味の分野やこだわ
りを持った部分を持っている方の熱意に感心させられて
いるのですが、いざ自分は?となると確か自分の趣味の
範囲ではそれなりにこだわりはあるのですが・・・・

さていつも相談を受けたり質問されたりで答える側には
慣れているのですが、自分でものづくり、それもこれは!
というような独自のものを生み出せるかとなると自信が
ないんですね。

改良、改善提案は出来ても、自分で独自のものづくり
をする、その基になるアイディアを生み出す部分が弱す
ぎると思ってます。 ま、そのへんはネットでの受注をは
じめて5年ちょっとで少しは考えも軟らかくなったとは言え
長年下請け的に動いて来たものの悲しさかも知れません

今、地元のグループMMRではこれまで
の下請け的な考えからいかに脱却するかという事をテー
マにしてる事もあり、このような独自のアイディアはあるが
ものづくりの細かい部分は判らないという方との共同開発
を試みているのですが、両方合わせ持つ事は至難の業
だと実感されます。

ただ、最初の小さなな芽が徐々に葉が出て行く様子は
やはり自分たちで進めて行く楽しさを感じます。
ま、ここまではどこの中小企業グループでも試されてい
る事なのですが、さてこれから売れる物に育て上げる
難しさは全く未経験の世界で自分たちで商品企画
、製作、宣伝をして物を売る、売れるものが出来るか?
先の友人のように進められるか、まだまだ不安な気持ち
が強いのですが、また怖いもの見たさに惹かれる部分
でもあります。
posted by ねじ屋 at 21:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月16日

製造業グループ作り

今、2つの異なったタイプの製造業グループに参加
しています。
ひとつは始めてからもう4年近くなるインターネット
上で知り合った業者(もっともかこちらは異業種
の方も沢山参加されていますが)のグループの
nnwと昨年立ち上げた地元の東京港区の製造業
グループのMMRです。

それぞれの持ち味があって参加していて得るものが
多いと思っています。
製造業の現状って長期低迷の景気のせいでどうも
元気がありませんが、どちらもメンバーは元気です

NNWはネット上のグループですので地域に縛られ
ないため北は宮城、山形〜福岡までと広い地域に
広がってメンバー全員でほとんどの分野に対応
出来る幅の広さもありますが、元々オフ会で楽しく
やろうってグループなので緩やかな連携で仲間と
して情報交換や助け合いをして将来の夢を模索
しています。

こちらはこの景気の悪さの中、自力で皆さんサイト
を立ち上げ、いかに営業していくかを研究し合ったり
そこでなければという技術を持っていますので
仲間の連携で加工の間口も広がっています

MMRは区の呼びかけでベンチャー企業との共同
開発、産学連携などを視野に入れた実務型のグル
ープと言えます。
MMRのメンバーは独自の技術を持っていますが
ネットでのアピールは今勉強中、その分区の呼び
かけもあって展示会に参加したり月2回の定例会
を開くなど活動は活発です。

いずれも参加していて思う事は現状維持では今の
製造業は衰退していってしまうという危機感を感じて
がんばっているという事と、この長期の不況で
加工先がどんどん減少しているのですが、自分の
ところの強味を全面にガンバレば活路を見いだせる
のではないかとい事です。

特に最近は一層加工先が減少、後継者もいないという
日本の製造業の中生き残る難しさを感じながらもなんと
かこのグループを核にうちもガンバリたいと思っています。
posted by ねじ屋 at 09:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日

非磁性のねじ

そろそろねじの話にしますね。
最近問い合わせや注文をいただくものに非磁性のねじ
というのが増えました。

昔はねじと言えば鉄か真鍮でしたがステンレスになり
チタンやアルミなど材質の持つ特性を組み込み環境に
合わせて行けるようになったので非常に広い分野の
材質が選ばれるようになっているのです。

・・・・昔は鉄に関わる商売なんで儲からないなんて?
なんせ金ヘンに失うってものを扱ってましたので(^^)

と本題に戻して、半導体製造装置、超伝導、音響
など代表的な分野ですが磁石の影響を受けない非磁性
(磁石に付かないっていう事・・・・もっとも今のレベルは
それを大きく越えた所にあるんですが)
の材質でねじを作ってくださいというご希望が増えてます。
この材質の分野は鉄やステンレスに比べて量産しにくい
上に特殊な用途に使うので元々使う量も少ないので特注
となるんですね。

ま、実際にうちの会社に厳密な測定が出来る装置があるわけ
ではないので経験則と発注される方の知識で材質をい選択
してるのですが、真鍮、りん青銅、アルミさらにプラスチック
といった材料が選ばれます。

経験即と言ってもこちらの知識は磁石が付かないとか、真鍮
よりりん青銅のほうが強度が高い程度ですので本当にひとつ
ひとつ製作してきた積み重ねでこんな特性なんだと日々勉強
しているようなものこちらも申しわけない次第です(^^;;;;;;
posted by ねじ屋 at 11:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ねじの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月12日

特殊ねじ

うちは5年ほど前にサイトを開いて普通のホームセンターなどで手
に入らない市販品のねじと企業の研究開発用の部品や個人の方
のカスタムオーダーのねじをネットでお請けする極小の商社です。

3ちゃん会社でお請けするので最近は能力オーバーで皆さんに
ご迷惑をお掛けすることも多々あって申しわけなく思っている
日々の連続なんですが、 特殊なねじの用途がこんなにあるとは
サイト開設までにねじ屋を20年以上もやっていても判りませんでした。

今の日本って景気はずっとぱっとしていないのですが、個々の欲しい
ものは沢山は本当はあるのに自分に合ったものが見つからないので
買わないという部分も大きいのかなと思います。

うちのみえる方はこだわりを持たれた方ばかりで、従来ならどこに頼ん
でいいのか判らないで悩んでいた方も多いのですが、そのこだわりを
持たれている分欲しいものに求める思いが強く、その熱意に常に
圧倒されています。

本来ならもっと早く対応して行かなければならないと思っているの
ですが・・・・・
ここに書いている間に仕事しろですね(^^;;;;;;
posted by ねじ屋 at 11:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ねじの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月11日

まずは・・・

ブログとは?という興味で作ってみました。
まぁ〜今まで日記というものが長続きした事がない人間なので
どれだけ出来るか非常に疑問なんですがわーい(嬉しい顔)

「ねじ」って日常身の回りに沢山あっても身近に感じないものですが
それを生業としてる者の独り言みたいに書いて行きたいと思います。
posted by ねじ屋 at 08:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。